作家・作品

マルニクス・デネイス

1970年、オランダ生まれ。インスタレーションアーティスト。1992年に彫刻家として学業を修了し、彫刻、公共空間、建築に初期のキャリアを投じた。 90年代半ばから、芸術におけるメディアとテクノロジーの実験的使用のパイオニアとして活躍している。 テクノロジーは文化に変化をもたらす原動力となり、社会の常識やコミュニケーションを再考するきっかけとなる新しい経験を生み出すことができるというのが彼の制作の理念である。彼の作品は新しいメディアが現代社会や人間の知覚へおよぼす影響を批判的に検証しつつ、創造的可能性に挑戦しつづけている。

Photo:Joey Kennedy

展示作品

PIVOT POINT - ICHIHARA

作品番号 YR-2
展示会場 アートハウスあそうばらの谷
個別鑑賞料 500円
制作協力 京葉測量株式会社